Android パフォーマンスが改善

Blanccoが2016年Q2のAndroid端末のパフォーマンスを発表しました。
iPhoneは大幅に悪化しましたが、Androidは小幅に改善しました。

iPhoneのパフォーマンスが急激に悪化

まずFail率は2016年Q1の44%から35%へと減少しました。
メーカー別では、サムスンが26%、LenovoとLeTVが17%となっています。

端末別では、LeTVのLe1SとLe1s Ecoがそれぞれ10%、7%となっています。
サムスンはトップ5に登場しないので、機種別ではそれなりに優秀なようです。
screen-shot-2016-08-24-at-3-45-30-pm

[ソース:blancco]

Pocket

One thought on “Android パフォーマンスが改善

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です