iPhoneのパフォーマンスが急激に悪化

BlanccoはiPhoneのパフォーマンスが急速に悪化しているというレポートを発表しました。
まずiPhoneのクラッシュ率ですが、2016年Q2では58%に達しています。
前四半期では、25%だったので倍増したことになります。
モデル別では、iPhone6がトップで29%、iPhone6sが23%と続いています。
screen-shot-2016-08-24-at-3-44-55-pm

 

なおクラッシュの詳細を解析すると、アプリが65%、WiFiが11%、ヘッドセットが4%でした。
アプリでは、Snapchatが17%、Instagramが14%、Facebookが9%でした。

 

[ソース:blancco]

Pocket

2 thoughts on “iPhoneのパフォーマンスが急激に悪化

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です