ロシア テロ対策のため全ての通信情報の保存を義務化

ロシアはテロ対策のため、全ての通信情報を保存し、連邦保安局などの特務機関が制限なくアクセスできる法律が成立しました。
この法律は全ての送受信の全ファイルの保存が義務付けられており、裁判所の令状も必要ないことから、憲法違反にも問われています。

一方通信会社は、莫大な費用が発生するため反発していますが恐らくこの法律は施行されると思われます。
このシステムを構築するために多額の費用がかかるため、通信会社は料金を2,3倍程度に値上げする可能性を示唆してまいす。

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です