アップル スマートフォンのシェアを失う

最近公表される2016年Q2のスマートフォンのシェアで、どの調査会社もアップルのシェア減少を報告しています。

2016年Q2 スマートフォン市場はサムスンが制覇

アップルとサムスン 中国でのシェアをさらに失う

今回Gartnerが2016年Q2のスマートフォンメーカーの売上高を発表しました。

絶好調のサムスンはシェアを21.8%から22.3%へと増加されました。
一方のAppleは14.6%から12.9%へとシェアを減少させました。

3位のHuaweiは0.9%増加されましたが、アップルの背中が見えてきたと言ってもいいでしょう。

image

 

一方OS別では、Androidがさらにシェアを増加させ86.2%となりました。
iOSは12.9%と若干減少しました。

その他のOSは全てシェアを減少させ、特にWindowsは2.5%から0.6%へと大幅に減少させました。
image

 

[ソース:gartner]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です