Android端末のクラッシュ率でXperiaが優れていることが判明

ApteligentがAndroidの端末を販売している各メーカーのアプリクラッシュ率を調査しました。
その結果ソニーが0.08%と一番クラッシュが少ないことが判明しました。
ただしトップ4までは0.11%とほぼ問題ない範囲でした。

一方5位のZTEは一気に上がって0.28%となりました。
まだ中国メーカーはソフト面での技術ではトップグループに追いつけていないようです。

Sony-stable-smartphones-640x274

[ソース:xperiablog]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です