アップルとサムスン 中国でのシェアをさらに失う

アップルとサムスンは2016年Q2に、中国でのシェアをさらに失ったようです。
2016年Q2は、中国は前年同期比2.7%増の1億4900万台の出荷となりました。

中国でのシェアは、Huaweiが14%、Oppoが12.7%、Vivoが11.2%、Xiaomiが10.4%でアップルは1桁の5位となりました。
中国では国内メーカーのシェアが拡大しており、海外メーカーのアップルとサムスンは苦戦が続いているようです。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です