アップル iPhoneSE効果でQ2を好調

苦戦が続いているアップルですが、Kantarの調査結果によるとアメリカと欧州市場でその勢いを取り戻したようです。
アメリカではiPhoneSEがスマートフォンの売上高の5.1%を占め、市場シェアの増加に貢献しました。
なおiPhone6sシリーズも14.1%とサムスンのGalaxy S7シリーズの15.1%に続いているようです。

ただし中国、日本、インドではシェアを落としており、特に日本では前年比-4.2%と急激に失速しています。

kantar-q2-2016

[ソース:kantarworld]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です