2016年Q2 スマートフォン市場はサムスンが制覇

調査会社IDCが2016年スマートフォン市場のシェアを発表しました。
既に知られているようにサムスンはGalaxy S7の成功で、マーケットシェアを22.4%と拡大しました。
一方のアップルはトップ5で唯一減少となり、11.8%と-2.1%となりました。
今回は中国市場でシェアを拡大したOPPOとvivoがそれそれ136.6%、80.2%と大幅な成長率を示しました。
ただここからグローバルな企業へと成長できるかは難しいところです。

image

image

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です