総務省 今度は光回線とモバイルのセット割引について検証

総務省は電気通信事業分野における市場検討に関する基本方針に対して意見募集を行いました。
この中で、光回線とのモバイルのセット割引について過度なCBによって料金の適正等が実質的に損なわれ、公正な競争環境が歪められていないか分析・検証を行うことを表明しました。

小さな会社が気にしているのはNTTの寡占化が加速することのようですが、現在実施されているCB等が大幅に削減される可能性があります。

さらにドコモはスマートフォンの端末購入補助の適正化のフォローアップに賛成しています。
自社の利益につながりそうなことはしっかりと役所を利用るすようです。

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です