サムスン 3年連続中国での売上高減少

Galaxy S7シリーズが好調なサムスンですが、中国では少し事情が違うようです。
2013年には40兆フォンの売上がありましたが、2014年は33兆ウォン、2015年は31兆ウォンと年々減少しています。

サムスンもGalaxy S7シリーズやCシリーズを投入していますが、中国メーカーの勢いに押されている現状を変えれるほどの勢いはないようです。
アップルも中国でのシェアを減少されているので、ハイエンドスマートフォンメーカーは厳しい状況に置かれているようです。

 

[ソース:sammobile]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です