Huaweiとサムスン 2016年Q3の出荷目標を下方修正

スマートフォンのシェアトップ3のうちの2社がQ3の目標出荷台数を下方修正しました。
さらに2016年の目標出荷台数も下方修正したようです。

現在判明しているところでは、10%から20%程度目標を引き下げたようです。
Huaweiは2016年の成長を13%程度に下方修正しているようです。
従来は30%の成長を見込んでいました。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です