Intel 次期iPhoneにチップ供給

Intelが次期iPhoneにチップを供給する事が判明しました。
今回Intelが供給するのは、従来Qualcommが供給していたモデムチップになります。
ただしQualcommも供給は続けるということで、モデル毎に違うチップを使用するようです。

Intel製はAT&T向けと一部海外モデル、QualcommはVerizon向けと中国モデルに使用されます。
アップルは部品調達先の分散化を図っているので、今回もその一環と思われます。

rUxSDRwvtItYMKch

[ソース:bloomberg]

Pocket

2 thoughts on “Intel 次期iPhoneにチップ供給

  1. iOSはx86版もありますから、Android同様にこういうことも可能なのでしょうね。

    いったんはキャンセルされたIntelのスマートフォン向けTDPのSoCが復活するとなると、x86ベースのAndroid端末の復活やWindows 10 mobile端末の発売も視野に入ってくると思われますので楽しみです。

    • こんにちは。icさん。
      intelもPC向けが不調、データセンター向けもGoogleなどが独自チップを作る動きもあるので、もう少し柱となるものがほしいのでしょう。
      intelはスマホが登場して本当に影が薄くなってしまいました….

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です