Tizen連合が減少

第3のOSを目指してサムスンが設立したTizenアライアンスが減少しているそうです。
当初は10社を超える企業が参加していましたが、現在はわずか4社になっているそうです。
4社の内訳は、インテル、サムスン、SKテレコム、LG U+とほぼ韓国企業のみとなっています。

当初はドコモや富士通、Huaweiなども参加していました。
また韓国企業以外で唯一参加しているインテルも、徐々に距離を起き始めているそうです。
現在はサムスンが頑張っていますが、1企業だけではどうにもならないでしょう。

[ソース:businesskorea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です