ドコモ さらなる値下げを示唆

NTTの社長が、携帯電話の値下げについて若い人向けのプランも充実させるべきとコメントをだし、若者層への還元を強化するコメントをだしました。
今後ドコモは若者向けの新プランを検討するようで、さらなる値下げ競争が加速しそうです。

若者向けの値下げは、年内に発表する予定だそうです。
これでMVNOは相当厳しい状態に追い込まれる可能性がでてきました。

ただ若者と携帯を使用しない人ばかり優遇するのは、どうかと思うのですが・・・。
形を変えた優遇政策のように思えます。

 

[ソース:nikkei]

Pocket

8 thoughts on “ドコモ さらなる値下げを示唆

  1. こんにちは
    「若い」の定義が気になります
    25歳以下や学生向けの割引は既に十分過ぎるほどやっているのでは・・・?

    • こんにちは。名無しZさん。
      25歳以下は相当恩恵を受けているはずなのですが。
      やはり18歳から選挙権があることになったのが影響しているのか….

  2. まぁ、サポートに手のかかる高齢者からは高い料金とっても良いと思いますがね…(´ω`)
    それもコミコミの高いキャリア料金かと。

    • こんちには。石橋渡さん。
      世代格差が叫ばれているこのご時世ですが、所得移転にはいいのかもしれません。
      ただ真ん中の世代は困りますね。(; ̄Д ̄)

  3. 就職氷河期だった、現在35歳~45歳の非正規雇用の人を割引してほしいです。
    その世代が一番格差が激しいです。40歳で年収200万円の人もいれば2,000万円の人もいます。
    派遣社員や契約社員だという証明書をドコモショップに持っていけば端末が安く買えたり
    月々の料金を割り引くなどの施策をやってほしいです。

    • こんにちは。東北在住さん。
      昔は衣食住が重要でしたが、最近は携帯電話の確保も重要となっています。
      色々に連絡がメール、電話等で行われるので、住よりも重要度が上がっているようです。
      そういう意味では、型落ちのスマホ+ライトプランなどの契約携帯は有効ではないかと思います。
      もちろん型落ちなので0円販売です。
      通話で収益を上げるモデルになりますが、無理やり型落ち機種を処分するよりは利益を生むので企業としてマシでしょう。

  4. > 就職氷河期だった、現在35歳~45歳の非正規雇用の人

    「就職氷河期」になったのは1992年くらいからですから、
    30歳~49歳とかでいいと思いますね。
    まあ「勝ち組」御用達のドコモにあまり期待してませんが。

    • こんにちは。mdgさん。
      もし本気でドコモが通信市場のシェアを拡大する気ならば、ブランドを分けて料金プランを設定する必要があるでしょう。
      ソフトバンクとワイモバイルはその戦略に沿っています。

      ただドコモは勝ち組なので…。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です