国内年末商戦はAndroidの敗北

IDCから2016年Q1の携帯電話出荷台数が発表されました。
スマートフォンは前年同期比6.2%減の654万台、携帯電話は12.1%減の806万台となりました。
iPhoneは12.3%増の400万台、Androidは26.1%減の252万台となりました。

まず携帯電話ですが、昨年と比較するとよりアップルのシェアが拡大したことがわかります。
左が2015年Q1、右が2016年Q1になります。
またソニーのシェア低下が激しいことがわかります。
201507012_120160606_1

 

一方スマートフォンで見ると、さらにAppleの1人勝ちが分かります。
こちらもソニーのシェア低下が激しいことがわかります。
201507012_220160606_2

一応Android端末の新機種発表がなかったため、今年はAndroidのシェアが低下したとのコメントが出ています。
ただ総務省の規制前にキャリアが大量にiPhone6を仕入れて売りさばいていたので、その影響が大きいのではないでしょうか?

 

 

[ソース:IDC]

Pocket

4 thoughts on “国内年末商戦はAndroidの敗北

  1. 第一印象的には、魅力的な端末が売れたというよりは購入時の支払いが少ない端末が売れたというように見えます。

    XperiaはZ5が出る前からXが本命と目されていて、ファンには見向きもされていなかったような…。
    Z以降の端末を持っているXperiaファンはZ3に飛びついた人とそうでなかった人で大きく別れたように思えます。
    Z3を見送った人は今に至るまで買い替え時を見失ったままで、いまZ3の人はXで買い替えるか悩むような。

    Z Ultraに魅かれてしまった人は、自分を含めてSONY以外のファブレットを彷徨う流浪の民になってしまっているのをよく見ます。

    • こんにちは。icさん。
      最近は端末価格に着目しているような売れ方をしています。

      Z5もこれと言って特徴がないのが….。
      Z Ultraを使用している人は本当に困っているようです。
      現状を考えると、たとえZ Ultraの後継機がでてもキャリアは取り扱わないかもしれません。

    • こんにちは。石橋渡さん。
      どうもAndroidはさっぱりなようです。
      キャリアもiPhoneを大量に仕入れて売れさばいていたそうなので、その影響もあるのでしょう。
      Androidの端末もいい機種はそこそこあるのですが、やはり寄らば大樹の陰なのかもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です