Huawei 不法輸出の疑い

Huaweiはアメリカ産の機器や部品を輸出禁止国に販売した疑いでアメリカ政府から調査を受けているようです。
輸出禁止国は、シリア、イラン、北朝鮮、キューバーなどです。

もしこの疑惑が確定した場合、Huaweiはアメリカ企業との取引を停止されられる措置がとられることになります。
現在Huaweiの基地局などはアメリカでの使用が禁止されています。
これはHuaweiの通信機器が中国政府が盗聴を行うことができるという疑惑があるからです。

既にHuaweiの競合会社のZTEもイランへ輸出したために、制裁を課されています。

 

[ソース:bloomberg]

Pocket

One thought on “Huawei 不法輸出の疑い

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です