iPhone7で16GB版を廃止

アップルのiPhoneはSDカードをサポートしていないため、ストレージの容量が非常に重要になってきます。
そのため最近の人気は64GBに集まっていますが、価格面から16GBバージョンも残っていました。

これがiPhone7ではいよいよ最小容量が32GBの2GBメモリーとなるようです。

iphoen-7-32gb

[ソース:mobipicker]

Pocket

2 thoughts on “iPhone7で16GB版を廃止

  1. 過去の機種の16GB版と同じ価格帯でストレージ単価が下がれば、既存ユーザーの買い替え意欲も増すと思います。

    今は音楽を聴くだけといっても再生するコンテンツが純粋な音声だけを格納するフォーマットではなく、動画も入り混じる状況に簡単になってしまいますので、ストレージ容量が大きければいちいち携帯端末向けにフォーマット変換しなくて済むので楽でいいです。

    わたしはiPhoneを使っていませんので、128GBのmicroSDXCカードと1TBのモバイルHDD PQI Air Bankを使って物量で対処してしまっています。

    • こんにちは。icさん。
      私も基本的にSDカード挿して使用しています。
      同じような価格で容量が増えれば、買い替えは進むと思います。
      GBクラスになるとそこそこの量の動画も持ち運びできるので、大容量化は今後も継続するでしょう。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です