アップルのiPhone販売台数さらに減少

アップルの1-3月期のiPhone販売台数は期待はずれの結果となりました。
決算発表では強気の発言を繰り返していましたが、サプライヤーの報告によるとさらに販売台数は減少するようです。

サプライヤーの予想では、4-6月期は4,100万から4,300万台の間と推定しています。
これは前期比で400万から600万台の減少に相当します。
さらにiPhone SEの販売のため、平均販売価格が減少することが予想されています。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です