中古スマホは嫌いです。

MMD研究所が日本の2,213人を対象に中古端末の使用についてアンケートを実施しました。
まず中古端末の購入に抵抗があるユーザーは約78%にも上ります。
20160421_3

特に女性はこの中古端末の購入に抵抗感が高いようです。
やはり通話するときに、耳にあてるために抵抗感が強いのかもしれません。
20160421_4

 

当然ですが、中古端末の購入意思も低く61%が購入しないと考えています。
20160421_5

 

このため以前利用していた端末を保持しているユーザーが60%超え、下取りプランの利用も16.9%にとどまっているそうです。
自分が購入した端末を利用して格安SIMなどを購入するというケースが多いようです。

Pocket

4 thoughts on “中古スマホは嫌いです。

  1. これはもうちょっと深掘りされないと、データとしての活用はできないと思います。

    抵抗の理由が生理的嫌悪感の他に、端末の状態(傷、バッテリーの消耗)や性能の低さ、性能寿命の短さ、そもそも選ぶのが難しい(通信規格の互換性や対応状況)、中古端末を利用していると他人に認識されたくない(恥ずかしい)などなど、回答者によって認識している理由の数と重みが違うはずです。

    また、記事中では「このため」と順接でアンケート結果を支持する形で旧端末を引き続き利用する人が多い事実を説明していますが、旧端末を保持する理由にも故障の際の予備機、自分自身や家族や知人の範囲での再利用、情報流出を嫌ったり、他人に使われることへの生理的嫌悪感など複数あると思います。

    そして最後に重要なのは、それぞれの抵抗感が金額的にどの程度の重さなのかがユーザー層別にわかることが必要だと思います。
    それで一世代前の端末が新規の端末よりどの程度安ければ抵抗感よりも購入意欲が上回るのかや、新規の端末がいくらであれば気兼ねなく購入する気になるのかなどが把握できると、SIMフリー端末のメーカーのマーケティングに役立つ情報になると思うのですが、きっとそこまでの情報はソースのMMD研究所から有料で購入しないといけないのでしょうね。

    • こんにちは。icさん。
      アンケートの結果を見るとき重要なのは、どのような世代やどのような人が回答しているかでしょう。
      今回のアンケートは15歳以上の2,000名が対象のようですが、年齢層などがわからないのが問題です。
      恐らく比較的年齢層の高い人達は抵抗感が強い等の傾向が出ているのではないでしょうか?
      日本の中古品は、海外と比較すると極上なのですが・・・。

  2. icさんは誰にコメントしているのでしょうか?
    SIMフリー端末のメーカーのマーケティングに役立つ情報?
    ここで何を求めているのでしょうか。
    ご自身のサイトがあるならリンクを。採点してあげます。

    • こんにちは。SEさん。
      色々意見があって面白いと思います。
      ただ最近のアンケートはどうなるか?という点は私も気になります。
      アンケートの傾向を見るだけではなく、その元となるデータに注意を払うの重要です。
      まあ、ドコモなどのキャリアが発表したアンケートはあまり信用しませんが。(⌒∇⌒)

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です