Androidはなぜ反トラスト法違反に問われたのか?

EUがAndroidを反トラスト法の違反で告発しました。

EU 正式にGoogleを告発

EUと言えば、マイクロソフトのMedia Playerのバンドルとプロトコルに関するものでした。
結局マイクロソフトは敗北したわけですが・・・。

今回Androidが告発されたのは、Androidという名称を使用するために課されるGoogleの要求に対してです。
Androidという名称を使用する際に、検索エンジンをGoogleのものを使用すること、スマホの画面には必ずGoogleアプリが1つ以上アルことなどの制限があります。

これをEUは見せかけのオープンソースとして告発しました。
既にGoogleは異議申し立てを行ったので、きっと長い訴訟になると思われます。
android-6-0marshmallow-teaser-w782

Pocket

2 thoughts on “Androidはなぜ反トラスト法違反に問われたのか?

  1. 単語の誤りは予測変換によるものとのことでしたが「反トラスト法」ですよね。

    デバイスまで一貫して提供しているAppleの場合はこういった訴訟の対象にはならないのでしょうか。

    • こんにちは。icさん。
      反トラスト法ですね。
      Appleは他社に対してシェアが低いので対象にならないのではないでしょうか?
      ただキャリアとの契約については訴訟の対象になっていたような記憶があります。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です