2016年4月第3週のMNP動向

4月も中旬に突入しました。
iPhone SEはそれほど盛り上がらず、総務省の規制のためスマートフォン市場は静かな状態が続いています。
auやソフトバンクは携帯ショップメインに移行しているようです。

7日間でみると、久しぶりに日曜日がピークとなりました。
ピークで見ると、3月の水準を回復しました。
image

 

30日で見ると、今週末は急激にツイート数が増加したことがわかります。
ツイート数は3月の最低水準まで回復してきました。
image

 

iPhone6sが急激に増加してきました。
まだ単体での一括0円はありませんが、セットでの一括0円が登場してきました。
image

 

iPhone6も急激にツイート数が増加してきました。
既に3月の水準を超えてきました。
image

 

iPhone SEは流石に携帯ショップにはあまり入荷していないようです。
恐らくもう数ヶ月は必要なのではないでしょうか?
image

 

既に在庫もないと思っていましたが、今週急激にツイート数が増加しました。
SOV31もまだまだ在庫があるようです。
image

 

セット販売の一方を担うGRATINA4Gも急激に増えてきました。
image

 

HTV31も在庫が少ないようですが、最後の一息として今週末は急増しました。
image

 

今週末はかなりツイート数が増加しました。
水準だけは、3月の水準を上回ってきた機種もあります。
ただ内容は厳しい状態が継続しています。

特に下取端末の価格が3月よりも10,000円下げられたため、厳しい状況となっています。
キャンペーン等で下取端末の買取価格が増額される可能性はありますが、いいまでのようにいつも高い価格での買取はないと思われます。
ソフトバンクは相変わらず量販店では一括0円販売を継続していましたが、今後さらに総務省の指導が入る可能性もあります。
auは既に量販店では一括0円販売を中止し、携帯ショップなどでの販売だけとなっています。

選択としてはauが正しいのかもしれませんが、量販店での安売りが再開しないとスマートフォン市場が低迷するのは間違いないでしょう。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です