2016年4月第3週目 量販店iPhone6sとiPhone6s Plusの状況

iPhone SEの販売も落ち着いてきたので、少しずつですがiPhone6sのポップが再開されてきました。
ただしまだ主力はiPhone6シリーズのようです。

一番のポップを作成したのはやはりソフトバンクでした。、
auもポップを作成していましたが、こちらも月々の維持費などを宣伝したものです。
やはり端末価格を明記するのは販売戦略上厳しいようです。

20160416_021A

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です