2016年4月第2週のMNP動向

4月も2週目に入り、学生も新学期を迎えました。
総務省の規制のため、大規模量販店では厳しい状態が続いています。
一方携帯ショップも派手な動きはしていませんが、CBが実施中です。
ただ下取り等がないとかなり厳しいの状態となっていますが・・・。

 

7日間でみると、いつもと違う状態であることがわかります。
木曜日から増加し、土曜日がピークなのですが日曜日の落ち込みが激しくなっています。
平日で集客して、土曜日に在庫処分を行っているようです。
image

 

30日でみると、3月よりは落ち込んでいますが少し動きが出てきたようです。
総務省の動きを見ながら動いているのは間違いないでしょう。
image

 

iPhone6sも少しずつですが復調してきています。
image

 

iPhone6は案件数で言えば、3月レベルまで後少しのレベルまで戻ってきました。
型落ちということで、CBをつけやすいのが影響しているようです。
image

 

iPhone SEは、まだ携帯ショップでの取り扱いは少ないようです。
image

 

SOV31も少ない状態ですが、相変わらず案件はあるようです。
ただCBがどれでも同じレベルなので、下取価格が下がっているSOV31はあまり人気がないようです。
image

 

発売されたばかりのGRATINA4Gですが、既にCB端末としての動きが出ています。
一応ガラケーということで、規制の網にかかりにくいのかもしれません。
image

 

現在のところauが頑張っているようですが、ドコモは完全に様子見に入りました。
ソフトバンクは量販店でも一括0円を打ち出しており、総務省に対抗しているようですが違約金等を考えるとお得ではありません。
当面このような状態が続くと思われます。
次の抜け穴は、型落ち端末の処分売りではないかと予想しています。
後は敢えて新規端末の価格を値下げするかでしょうか?

ただドコモのシェアが落ちていかないと、今後通信料金が下がることはないでしょう。
当面様子見で、数少ないチャンスで一気にMNPする戦略を取るのが今年の動きとなりそうです。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です