ASUSTek IntelからQualcomm/MediaTekへ

ZenFoneシリーズで一躍日本でも有名になったASUSTekが従来使用していたIntel製のプラットフォームから、QualcommやMediaTekのプラットフォームへ移行するようです。
2015年にはIntelのプラットフォームを600万個使用していましたが、2016年には500万個、2017人には50%削減するようです。

現在Intelの最大顧客はASUSTekなのでこれは打撃になりそうです。
2015年時点でのASUSTekのスマートフォンでIntelの使用率は30%程度でした。

なお6月に発売されるZenFore3シリーズでIntelのプラットフォームを使用するのは15%程度になるそうです。
ユーザーにとっては安くてスペックが高いスマートフォンであれば、どのプラットフォームを使用していても関係ありません。
インテルのプラットフォームは、QualcommやMediaTekに対して競争力を失ってきたのかもしれません。
ZenFone-3

 

[ソース:digitimes]