ASUSTek IntelからQualcomm/MediaTekへ

ZenFoneシリーズで一躍日本でも有名になったASUSTekが従来使用していたIntel製のプラットフォームから、QualcommやMediaTekのプラットフォームへ移行するようです。
2015年にはIntelのプラットフォームを600万個使用していましたが、2016年には500万個、2017人には50%削減するようです。

現在Intelの最大顧客はASUSTekなのでこれは打撃になりそうです。
2015年時点でのASUSTekのスマートフォンでIntelの使用率は30%程度でした。

なお6月に発売されるZenFore3シリーズでIntelのプラットフォームを使用するのは15%程度になるそうです。
ユーザーにとっては安くてスペックが高いスマートフォンであれば、どのプラットフォームを使用していても関係ありません。
インテルのプラットフォームは、QualcommやMediaTekに対して競争力を失ってきたのかもしれません。
ZenFone-3

 

[ソース:digitimes]

Pocket

4 thoughts on “ASUSTek IntelからQualcomm/MediaTekへ

  1. Intel製SoCのAndroidを利用していますが、互換性の問題が全くないわけではありません。
    一部のアプリケーションでARM製チップセットのみ対応のものがあります。

    それよりはMorganfieldに競争力があまりなかったのではないかとは思います。
    価格性能的に微妙でもIntel製SoC独特の魅力があるのはデスクトップ用のWindowsとAndroidのDual Boot製品を作れるところだと思うのですが、タブレットはともかくスマートフォンでは利点になりませんね。

    • こんにちは。icさん。
      懐かしのWintelがスマホでもタッグを組めば面白いかもしれません。
      ただ流石にスマホで仕事はできませんが、タブレットは2in1も考えるとありかも。

    • こんにちは。icさん。
      これはどっちが先だったのか悩みます。
      intel製のチップの大口顧客のasusが調達を減らすから止めたのか、それともintelが止めるからasusが調達先を変更したのか。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です