高市大臣 ソフトバンクに警告

総務省がソフトバンクとドコモにスマートフォンの販売価格の適正化を要請しました。

総務省 ドコモとソフトバンクに指導

これに対してソフトバンクは反論するコメントを発表しました。

ソフトバンク 総務省に反撃

これに対して高市大臣は、パブリックコメントも実施したので、尊重して取り組むようにとコメントを出しています。
ただしソフトバンクのコメントの詳細について具体的に把握していないとの逃げ道も作っていました。

恐らくこの状態は選挙まで継続すると思われますが、大臣が代わったあとにどうなるのか注目です。
ただ最近の総務省は非常に無駄なことを多く実施しているように思われます。
例えば、通信速度の測定方法、SIMロック解除の強制等々。

本当に通信費等を下げたい場合は、もう少し戦略的な方法が必要と思われます。

 

 

[ソース:総務省]