スマートフォン有望地域は中東とアフリカ

既に先進国ではスマートフォンの販売台数が飽和としており、各スマートフォンメーカーは次の有望な地域を探しています。
サムスンとLG電子は、この有望地域を中東とアフリカと認識しているようです。

この地域は、中国市場に匹敵する12億の人口を有しています。
さらにこの地域は、2022年まで世界平均を上回る成長率が期待できます。
既にサムスンは中東とアフリカ地域を支配しており、そのシェアは49%となっています。

Huaweiやアップルは10.3%と7.9%と、まだこの地域でのシェアを拡大できていない状態です。

 

[ソース:busineskorea]

Pocket

One thought on “スマートフォン有望地域は中東とアフリカ

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です