スポンサーリンク

スポンサーリンク

アップルにとって64GBは大切なモデル

アップルはiPhone SEでは16GBと64GBの2つのモデルを発売します。
日本での販売価格は16GBが52,800円、64GBが64,800円と、64GBの方が12,000円高くなっています。
調査会社のIHSによると、16GBと64GBのコストの差は12ドル程度なので、10,000円近くがアップルの利益として上乗せされます。

アップルは32GB版を販売しないことで、意図的に64GBを購入するようにユーザーを誘導しているようです。
Androidの場合は、最小容量が16GBから32GBへと移行しており、さらにSDカードが使用できるので簡単に容量を増加させることができます。

[ソース:techinsider]