アップルの部品サプライヤーが撤退へ

多くのスマートフォンメーカーにWiFiチップを提供しているブロードコムがWiFiチップの製造から徹底するそうです。
昨年ブロードコムを買収したアバゴは、製品ラインナップの整理を勧めており、低収益性のWiFiチップを段階的に縮小し、撤退するようです。
このためスマートフォンメーカーは新たにWiFiチップの供給先を探す必要が生じます。

 

[ソース:digitimes]