アップル 今期も厳しい状況

iPhone6sの不振に悩むアップルですが、今期も厳しい状況が継続しそうです。
アップルは今期は初めて前年比で売上高も減少に転じると予想されています。

ただし4インチのiPhoneが登場すれば、次の四半期は売上高が増加に転じると予想されています。
通常アップルは、1年の収入の68%をQ1に稼ぎ出します。
そのため新型iPhoneの発売前である4-6月期は、1年で最も売上高が少ない四半期となります。

もし4インチiPhoneの売れ行きが悪いとアップルは相当厳しい状況になります。

[ソース:WSJ]

Pocket

2 thoughts on “アップル 今期も厳しい状況

  1. 中国を1次販売国にしたのが全ての間違いのような気がします。
    無い物ねだりで物欲が湧き、それが販売数に好影響を与えると思うのですが…

    • こんにちは。たかさん。
      そうですね。
      人間の心理としては、ないものは欲しくなりますから。
      どこでも購入できるようになると、購入しなくなりますから。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です