時代はタブレットから2in1へ

調査会社IDCの予想によると、2016年のタブレット出荷台数は5.9%減で1億9500万化台となるそうです。
一方2in1は、2015年の1660万台から2020年には6380万台へと成長するようです。

なお現状iOSのシェアが28.5%ありますが、2020年には22.4%となりシェアを落とすことが予想されています。
windosの1強体制が確立するなかで、2番手争いが激しくなるようです。
image

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です