スマートフォンOSシェア争いがほぼ決着

スマートフォンが発売されて以来、様々なOSが登場しました。
ただ最近はiOSとAndroidの2強に集約されており、そのシェアはほぼ動かなくなってきたようです。
2015年で97%がiOSとAndroidにより占められています。
この状態では、各アプリメーカーもこの2つのOSにリソースを集中することになりさらに他のOSはシェアを落としていくでしょう。

chartoftheday_4431_smartphone_operating_system_market_share_n

[ソース:statista]