キャッシュバック削減でスマホ順位が激変

2月に入りキャッシュバックなどの販売促進費が削減され、一括0円の端末はほぼ消滅しました。
特にiPhoneシリーズの値上がりは凄まじく、改めてiPhoneの価格の高さを実感しました。

そんな中で、BCNが2月の第1週目のスマートフォンの販売ランキングを発表しました。

携帯売れ筋ランキング2016年2月第1週

1月までは圧倒的なiPhoneの強さでしたが、2月に入ってからは一気に状況が変わりました。
トップ10に価格の安い404KC、SIMフリーのZenFone2 Laserがランクイン。
iPhone6はトップ10から姿を消しました。

その他もプラスワン、ワイモバイル、富士通など比較的価格の安い端末がランクインしています。
ただこれは格安の端末が売れたというよりも、iPhoneなどが売れなくなったためにランクインしたと思われます。
今後この状況がどう変わるのか・・・。

Pocket

One thought on “キャッシュバック削減でスマホ順位が激変

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です