Qualcomm ミドルレンジ向けチップを発表

Qualcommはミドルレンジ向けのチップである、Snapdragon625,435,425を発表しました。

Snapdragon625は、617の後継版となります。
大きな違いは、ディスプレイが1900×1200までサポートすることになったことでしょう。

Snapdragon435と425の違いは、搭載しているコア数が435が8コアに対して425は4コアであること、サポートしているLTEのカテゴリがカテゴリー7に対してカテゴリー4であることです。
またカメラも21MPに対して16MPとなっています。

snapdragon_425_435_625_thumbnail

[ソース:qualcomm]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です