アップル iPhone国内出荷前年割れ

iPhone6sの人気がないのはさんざん報道されていますが、日本国内でもアップルは初の前年割れとなりました。
ただしシェアは41.2%とトップを維持しました。
出荷台数は1,473万でした。
1455001106-2s

 

なお大手キャリアの携帯電話出荷台数は、前年比6.6%減の3,577万台となりました。
これで3年連続減少です。
スマートフォンは前年比0.4%減の2,758万台であったのに対してガラケーが22.6%減の819万台となりました。
これは単純に昨年のガラケーの出荷台数が多かったこと、もともとガラケーの寿命が長いことによる影響です。
1455001106-1s

 

アップルの通年の出荷台数をみると、2013年までは落ち込んでいませんがあまりいい状況とは言えません。

 

image

 

[ソース:m2ri]

Pocket

One thought on “アップル iPhone国内出荷前年割れ

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です