アップル タブレットのトップシェアを維持も大幅に鈍化

2015年のタブレット市場の状況をIDCが発表しました。
まずQ4ですが、伏兵Amazonが大幅に成長しました。
またHuaweiも同様に大幅に成長しています。

一方トップ2のアップルとサムスンは大幅に成長が鈍化しました。
image

 

一方2015年では、アップルが首位を維持するもシェアは落としました。
サムスンも同様にシェアを1%落としました。
変わって急成長しているのが、Huaweiです。
昨年はHuaweiの急成長が目につきました。
以前のAsusを見ているようです。

image

 

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です