各キャリア 2年縛り見直し開始

総務省の昨年のキャリアに対する要求の中で一番期待の高かった2年縛りの見直しが開始されました。

結局各キャリア共に、2年縛り後の無料期間を現状の1ヶ月から2ヶ月に延長することで決着したようです。
ドコモは3月から、KDDIは5月から、ソフトバンクは3月以降できるだけ早期に実施するそうです。

違約金は頻繁に変更できるシステムを持つソフトバンクの対応が一番遅いのは意外です。

総務省要求の2年後に自動更新しないプランについては拒否されたようです。
これは昨年安倍総理の要求した携帯料金引き下げによる影響もあるようです。

結局役所や政治家よりも遥かに企業のほうが上手だったようです・・・。

 

[ソース:sankeibiz]