ドコモ iPhone6sの実質0円終了へ

先日ドコモは各端末を10,000円~20,000円値上げすることを発表しました。

ドコモ スマホを段階的に値上げへ

ドコモはまずiPhone6sの月月サポートで実質0円にしている施策を変更し、実質10,000円程度な値上げするようです。
さらに他の最新機種についても実質0円を止めて値上げに踏み切るようです。

ただし販売奨励金は据え置き、旧端末は実質0円を容認するようです。
またシェアパックとして新たに7GBプランを新設する予定です。

ただ従来も最新端末は実質0円にすることはなかったので、結局現状維持の状態になるようです。
ただこれを機会にCBを削減して利益率を改善してくることを狙っているのは間違いないでしょう。
結局キャリアだけがトクをする結果になりそうです。

また販売奨励金を据え置くことから、携帯ショップは確実にコンテンツを増やして実質0円に持ってくるでしょう。

image

[ソース:sankeibiz]

Pocket

6 thoughts on “ドコモ iPhone6sの実質0円終了へ

  1. 本来であれば電波利権にメス入れるのが一番根本的な解決策に思えるんですが…
    キャリア、マスコミ、政府3者がグルになってるようにしか思えないですよね。
    今のうちに端末仕入れたいんですが、何分特価ブラックなもんで手も足も出ませんw

    • こんにちは。PEKKAさん。
      こんな時に私も特価BLなので見ているだけです。(T_T)
      結局タスクフォースって何だったでしょうか・・・。

  2. こんにちは
    「キャリアだけが得をする」
    一番有力で一番つまらない方向に行っちゃいましたね

    管理人様の記事を読むには
    今や韓国の方がずっとまともで先進的だと思います
    なんでここまで堕落したんでしょうね日本の携帯業界……

    • こんにちは。名無しZさん。
      ソフトバンクが全く競争する気が無くなってしまったのが痛いです。
      KDDIに期待したいところですがどうなるのでしょうか?

  3. 実質0円終了させたは良いが根本的な問題

    iPhoneの在庫どう捌くの?

    がまるで解決できる道筋が無い。3社共に主力がiPhoneであり過剰在庫を捌き続けなければならない。総務省の顔色伺ったところで総務省が過剰在庫税金で買い取るわけもなく,その捌き方ができない以上実質¥0-終了以外でどこかで帳じり合わせが必要になると思いますけどね。

    既に主が記事に出していた【買取端末増額】とか,あるいは既存契約者へのクーポン配布,Softbankがやっていたtwitter投降禁止し水面下でのCBやり取り,etc抜け道はそれなりにあると思いますね。

    • こんにちは。通りすがりさん。
      どうするのでしょうか?(; ̄Д ̄)
      或いはアップルとの契約縛りが今年で終了するのでしょうか?
      毎年あれだけ祭りを実施しても売りさばけていないところを見ると相当厳しいのですが。
      特定の期間だけCBを激増させるという手段もありますが。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です