Xiaomi 販売低調で投資家の不満増大

急成長してきたXiaomiも、昨年は成長が止まってしまいました。
既に中国市場でのスマートフォンの販売は一巡した上に、競合他社との競争が激化していることが原因です。
さらに昨年の販売目標の8,000万台が未達に終わったことも致命的でした。

762352_20160111135327_916_0001

 

さらに問題なのは、2015年Q3のスマートフォン平均販売価格が122ドルに対して、1年前は160ドルと販売価格が低下していることです。
中国でのスマートフォン平均価格は202ドルから240ドルに上昇しています。
このためXiaomiのブランドイメージが低価格スマートフォンメーカーとして認知された可能性が高くなっています。

従って投資家は本当にXiaomiに460億ドルの価値があるのか、疑問を持ち始めています。
2016年は間違いなくXiaomiにとって重要な年となりそうです。

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です