アップル 株価が1年ぶりに100ドル割れ

iPhone6sの不調が伝えられているアップルですが、2014年10月以来の約1年ぶりに株価が100ドルを割り込みました。
中国の金融混乱などの影響も考えられますが、やはり世界的にハイエンドレベルのスマートフォンの不調が影響しているのかもしれません。
昨年はHuaweiが大幅に販売台数を伸ばし、今年も好調を維持すると予想されています。
今後アップルも革新的な機能を搭載しないかぎりは、現状の価格を維持するのは難しいのかもしれません。

image

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です