アップル 2016年Q1は3割減産

昨年からiPhone6s/iPhone6sPlusの不振が伝えられていますが、2016年Q1のiPhone6sは3割の減産を行うそうです。
どうやら中国、日本、欧米と主要な市場で流通在庫が積み上がっており、さらにドル高の影響で新興国で大幅な値上げをしたことが販売低迷につながっていると推測しているようです。

ただ以前ならば少しの値上げでも販売台数の勢いは維持していました。
さらにインドでは値下げ等を行われているので、単純にiPhone6sに魅力が乏しく買い換え需要が落ちているだけではないでしょうか?

[ソース:nikkei]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です