サムスン TSMCに敗北で投資額削減

サムスンは予定していたロジックIC向けの設備購入を見送ると通知し始めたようです。
アップルの次期製品に使用されるA10チップの受注に失敗したことで、このまま工場の拡張を続けると大幅な余剰能力ができてしまうため、これを回避するために設備購入の見送りを決めたようです。

また今年は自社のスマートフォンの生産も削減する計画なので、大規模な生産能力の拡張を必要ないようです。
これによりTSMCの投資額は100億ドル超となり、サムスンは逆に100億ドルを下回るようです。
photo

 

 

[ソース:udn]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です