アップル iPhone4sにiOS9をインストールで訴訟

アップルのiOSは過去のiPhoneにも対応していることで有名です。
ただ最近のテクノロジーの進化は非常に早いため、流石に最新のOSを過去のハードで動かすのはなかなか厳しい状況にあります。

ところがアップルはiOS9の互換性をiPhone4sでも対応しているという宣伝したために、虚偽の広告などで訴訟を起こされてしまいました。
iPhone4sにiOS9をインストールした場合、クラッシャやパフォーマンスなどの問題が発生しているそうです。

今回の問題はこのような問題をアップルが事前に知っていたにもかかわらず、これを知らせなかったことでも訴えられています。
なお原告は損害賠償として500万ドルを求めています。

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です