iPhone6s 来年の出荷台数も下方修正

アップルの最新スマートフォンであるiPhone6sの出荷台数の下方修正が相次いでいます。
サプライチェーンの報告によると、結局2015年Q4の出荷台数は当初の7,600万~7,800万から7,200万~7,500万へと下方修正されたようです。
さらに2016年Q1の出荷台数も5,800万台~6,000万台から5,200万~5,600万台へと削減されるようです。

これは前年同期比12~15%の減少となります。
来年はサムスンも10%程度出荷台数を削減すると発言していることから、来年は相当厳しい状態になりそうです。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です