2015年11月総括

iPhone6sの販売も一段落した11月の総括です。
この月の最大の注目事項は、総務省のタスクフォースの動きでしょう。
この動きで来年以降の携帯市場が大きく変わることになります。

 

第一週目
この週は各キャリアの決算発表が出揃いました。
好調のKDDI、回復基調が見えたドコモ、Sprintが重荷のソフトバンクと昨年とは大きく状況が変わってきました。
先進国でのスマートフォン成長の鈍化が明確になり、今後世界中でスマートフォンの売り方が変わる可能性がでてきました。

ドコモ
最近はほぼ美味しいキャンペーンもなく、新しい端末購入サポート適用の端末もない状態です。
ソフトバンクとドコモが競争を止めてしまったので、あまり動きが無くなってしまいました。

au
決算も順調で、イケイケ状態が続いている状態です。
いよいよパケットの従量プランが終了することになりますが、今後の新しい料金プランがどのようなものになるのか注目です。

softbank
国内のシェアも減少傾向にありますが、当面現状のCB大判振る舞い&全て解除料金で回収という方針は変えないようです。
アメリカのSprintが重荷になってきたことが明確になったため、国内でしっかりと利益を上げる必要がさらに重要になりました。

 

第二週目
QualcommがSnapdragon820を発表し、サムスンもGalaxy S7用のチップの量産を開始したというニュースがありました。
各メーカー来年に向けた動きが続々と報告されてきています。
また注目のアップルのiPad Proの発売も発表されました。
当然全キャリア取り扱うと発表がありましたが・・・。

ドコモ
総務省のタスクフォースの動きを先取りする形で、データ容量が少ない新プランの検討を開始しました。
実際にどのようにお茶を濁すが注目ですが、恐らく現在とそれほど変わらないプランになるでしょう。
また10月に実施していた週末限定のりかえボーナス増額再開しました。

au
LTEの従量プランが11月16日で受付が終わるため、珍しいことにパケット縛りが月またぎという案件が激減しました。
またなぜか今更に不人気のisai vividレーザーバージョンの発売を開始しました。
冬モデルの発表会を実施しなかった都合上、一時的に端末のラインナップが不足しているようです。

softbank
ほぼ動きがないソフトバンクですが、早々にiPhone6sにCBの投入を開始しました。
最近のソフトバンクは発売当日か、1,2週間後からCBを投入する傾向にあります。
この頃が一番お得というのは、ソフトバンクの作戦でしょうか?

 

第三週目
先週からなぜかMNPのツイート数が減少しています。
年末に向けたキャンペーンのために一時的に減少しているのかもしれません。
この週は、再度アップルが4インチ版のiPhoneを来年発売するという情報が大量にリークされました。
ここまでリークされると実際発売される可能性が高いのですが、アップルの場合はそうとは言えないのが難点です。
ただiPhone6sの売れ行きも予想を下回ってる状況だと、何らかの手をうつ必要があるのは間違いないでしょう。

ドコモ
週末限定だったのりかえボーナスの増額キャンペーンを、一気に月末まで延長することを発表しました。
ただのりかえに値する端末がほぼない状態というのが、一番の問題なのですが・・・。

au
ついに従量プランの受付が終了しました。
これで懐かしの3Gプランへの持ち込み機種変更が増えることになるでしょう。
また新しくApple SIMの対応プランを発表しました。
これはApple Simユーザーを取り込む意図があるのかもしれませんが、実際どの程度のニーズがあるのでしょうか?

softbank
最近はまったく動きがなかったソフトバンクが、この週は動いてきました。
まだAndoroidの下取り価格を一気に倍増させてきました。
これで最低下取り価格が10,800円から21,600円になります。
また新しくガラホ向けのプランを発表しました。
パケットなしの場合、934円と今のスマホ料金と比較するとかなり安くなっています。

 

第四週目
総務省で実施されているタスクフォースの内容がリークされ始めました。
やはり期待をかなり下回る内容となっているようです。
また少しずつですが、各キャリア年末に向けて色々調整を開始したようです。

ドコモ
この週はドコモはほぼ何も動きがありませんでした。
ドコモは11月はもう特に動かないようです。

au
今更ですが、HTV31に購入サポート特約を適用しました。
またiPhone6の購入サポート特約の解除料金を5,000円値上げしました。
恐らく年末に向けてCBを増額するための準備だと思われます。

softbank
何とか自社のAndroidの比率を上げようとしている動きが見えます。
なぜかLenovoのタブレットの発売を発表しました。
また新たにNexus6Pにも一括購入割引の適用を発表しました。
店頭では分割の説明がほぼないのでユーザーにとっては違約金ビジネスにとらわれることになります。
ソフトバンクは違約金ビジネスに完全に移行したようです。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です