ソニー 新型電池の投入でスマホ動作時間を1.4倍へ

ソニーは硫黄化合物を電極に用いた新型電池を2020年に市場に投入するそうです。
この電池は従来の1.4倍動作時間が延びます。
同じ動作時間の場合、従来よりも3割小さくできます。

現在主流のリチウムイオン電池は、サムスンとパナソニックで市場の過半数を占めています。
その後にLG電子、ソニーと続いていますが、この電池の投入で一気に市場シェアの確保に動くようです。

[ソース:nikkei]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です