総務省 各キャリアに要請書を手渡し

総務省は、タスクフォースで取りまとめられた内容をドコモ、ソフトバンク、KDDIに要請を行った。
18日午後から各キャリアに社長に高市総務大臣が直接要請書を手渡し、詳細は要請書を読むように伝達した。

ソフトバンクは、まずは1GBプランの検討とCBの削減を検討するそうです。
ただしCBを完全になくすのはとのことでした。

KDDIは、まずは持ち帰って考えるとのことでした。
また春商戦前に実施するか、春商戦後に実施するかは検討中だそうです。
CBについても検討するそうですが、かなり後ろ向きなようです。

ドコモも検討していくそうですが、新料金プランで競争を変えていきたいそうです。

 

KDDIはかなり不満なようす、ソフトバンクは中立、ドコモは渡りに船と行ったところでしょうか。
ドコモは新料金プランで既存ユーザーから利益を上げていく戦略のようです。
KDDIの様子から春商戦後になる可能性もあるようですが、各社色々思惑があるようです。

Pocket

6 thoughts on “総務省 各キャリアに要請書を手渡し

  1. mobilego さんは、役所をよくわかってるかんじですね。

    上記を見ればauがやる気まんまんなかんじですね!

    • こんにちは。ゆきぽさん。
      既に守勢にまわっているソフトバンクはラッキー。
      攻勢中のKDDIは不満というところなのでしょう。

  2. 引退後、家族の全回線auへ転入する予定です。
    auは一番優しいキャリアだと思う

    • こんにちは。dolcheさん。
      チョット楽しみなのは、3月の決算の時に各社の契約数がどうなるのかです。
      何となくドコモ横這い、KDDI増、ソフトバンク減になると思っているのですが、割合がどうなるのか。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です