韓国携帯料金事情 その2

いち早く規制がかかった韓国の携帯市場ですが、まずはMVNOのシェアが10%を超えてきました。

韓国携帯料金事情

当然料金も安くなったようで、キャリアのARPUが3,650円程度に対してMVNOは1,600円程度となっています。
規制前までは、韓国市場はハイエンドスマホ一緒で、海外のスマホメーカーはiPhone以外は参入できませんでした。
ところが規制後、大挙して海外の格安スマホが市場を席巻し、ハイエンドスマホを売るのは非常に厳しくなってきました。

ちなみに格安スマホであるミドル・エントリーレベルのスマートフォンは中国系企業の物だそうです。
既にHuaweiなどが、15,000円のスマートフォンの投入を開始しました。
このレベルのスマートフォンになると、実質0円での購入が可能となるそうです。

日本も来年はミドル・エントリースマホが市場を席巻する可能性が高まってくることでしょう。
とすると、HTCやHuaweiなどのスマホが増えるのでしょうか?

[ソース:zdnet]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です