スポンサーリンク

スポンサーリンク

総務省 携帯料金引き下げ草案

12月16日に携帯電話料金のタスクフォースで規制の草案が示させることになっています。
既にその草案がリークされたので紹介します。

1.まずデータ通信をあまり使わない人向けの料金を創設すること。
2.値引き是正のためのガイドライを作成すること
3.実質0円販売するような過剰な値引きを是正すること

の3点になりそうです。
データ通信をあまり使用しない人向けのプランは既に各キャリア新しいプランを検討しているようです。
恐らく1GBなどのプランが登場するのではないでしょうか?
ただ現在ライトで契約できるパケットプランが制限されていることから、これは継続されると思われます。

2,3ですが、販売奨励金の総務省への報告と、販売奨励金の上限ガイドライの設定になると予想されています。
既にドコモがMNPへのキャッシュバックを止めるとの情報も流れています。

ドコモ MNPのキャッシュバックを廃止

恐らくソフトバンクも追従するのではないでしょうか?
するとauだけが実施するのはなかなか難しい状況になるかもしれません。
販売実態を総務省が調査し、監視し、違反した場合は業務改善命令を出すそうです。
結局携帯料金はあまり下がらず、端末価格が高騰することになりそうです。

総務省は販売奨励金の削減分を通信料金の値下げに回すことを期待しているようですが、恐らくお茶を濁す程度になると思われます。

[ソース:kijj]