アップル 台湾にディスプレイ関係の研究所開設

アップルが台湾にディスプレイ関係の研究所を開設しました。
規模を50人程度で、iPhoneやiPadなのでディプレイの研究を行うそうです。

軽く、薄く、明るくエネルギー効率の高いディスプレイの開発を行っており、有機ELについても関心をもっているそうです。
この研究を行うことで、サムスンへの極端な依存を回避することを狙っているようです。

 

[ソース:bloomber]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です