ソフトバンク 3Gサービス終了へ

ソフトバンクは3Gサービスを徐々に終了し、LTEへ振り分けることを発表しました。
まず1.5GHzの3Gサービスを2016年9月から関東の一部で低速化、2017年3月で終了します。
1.7GHzの3Gサービスは、2018年1月で終了します。

一方LTEサービスは、1.5GHzで2017年4月から開始、1.7GHzは2018年2月から開始します。

これに伴い3Gプランの提供も終了し、該当機種も使用不可能となります。

[ソース:softbank]

Pocket

2 thoughts on “ソフトバンク 3Gサービス終了へ

  1. このタイトルだと3Gを完全に停波するように読めてしまいます(笑
    今後は3Gは国際バンドのband1と8で提供するということですね。

    3Gは国際ローミングがあるので数十年は残ってしまうのではないでしょうか。世界には未だに3Gすら存在しないGSMだけの国もありますから。

    これを実行するには過去に大量にばらまいた、バックボーンが3GのソフトバンクWi-FiスポットのAPをLTE対応機器に置き換えないといけなくなるのではないかと思います。

    リンクだけしてデータ通信ができなくなるような粗悪なエリアを形成しているAPが多いので、機器を置き換えることになるならそこも何とかしてほしいです。

    • こんにちは。icさん。
      ソフトバンクもauのように3G対応端末は新規に出さない!!と強行姿勢にでれば3G停波も近いのですが、当面無理でしょう。
      ローミング等もあると残していたほうがいいのは間違いないですが。
      ただこれで3Gの装置関係は完全にメンテナンスモードになって、コストも大幅に削減されるでしょう。
      確かにソフトバンクはリンクだけするという粗悪な状態があるのは何とかしてほしいですね。
      最初は????状態でした。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です